お米の取扱高

100店舗にむけて
1999年(平成11年)の創業以来、着実に業績を積み上げ、売上げ・店舗数ともに成長を続けています。 スタッフの成長を大切にするので急ぎませんが、中期計画として100店舗を目指しています。
1,000→2,000トン
おむすび権米衛が目指すのは、単なるチェーン店としての成長ではなく、「おむすび販売を通じて日本の農業に貢献する」ことです。 そのため、十数カ所の契約農家から高値でお米を直接買い取りすることで農家を支え、現在は年間1,000トンの買い付けを達成しています。 将来的に100店舗になったら、2,000トンのお米を買い支え、400haの農地を再生することができます。
お米の取扱高推移
 
このページの先頭へ