権米衛のこだわり:食材への取組み

すくすく育て 台風に負けるな。
米

 おむすび権米衛のお米は全て特別契約栽培。環境保全型農業に取り組む生産者の方から直接仕入れています。 お米を納めていただく生産者の方と田んぼは各店舗ごとに選定。店長をはじめアルバイトも含めた全従業員が参加して、 田植えから稲刈りまでをお手伝い。まさに全社一丸、共同作業でお米づくりに取り組んでいます。

環境保全型農業とは?

 農業は、食糧供給のほかにも、国土や環境の保全といった多面的な役割を担っています。それは将来の地球にとっても必要不可欠です。 近年、農業の兼業化によって「土づくり」がおろそかになり、化学肥料・農薬への過度の依存による環境悪化が進んでいます。
一方、食べる側である消費者も、有機農産物など化学肥料・農薬を控えた農産物に対する意識やニーズが高まってきています。 こうした状況に対処するために、堆肥などの有機肥料を活用した『土づくり』と、化学肥料・農薬を低減し、 環境との調和をはかりながら持続的に行う農業を、環境保全型農業といいます。

権米衛の契約産地と品種
・ メダカが泳ぐ自然農法、「不耕起栽培」で育てた「コシヒカリ」
・ 白神山地のふもとの村から湧き出る天然水で育てた「あきたこまち」
・ 北の大地で育まれた、ほど良い粘りと甘みの「ゆめぴりか」(2014年〜)
・ 雪深い山間地で育てられ、昔ながらの天日干しで乾燥させた
 「ゆきむすび」(2015年〜)
・最上川の源流が流れる、寒暖の差が大きい盆地特有の気候で実った
 「つや姫」(2015年~)
権米衛は、お米の名産地ごとに環境保全型農業を推進する生産者のネットワークを拡げています。
ご飯 お米の理想的な保管環境として、水分を適度に維持しながら低温で保管された玄米を使用し、さらに3つの原則を守っています。 玄米 おいしさを追求しながら、本来のお米が持っている栄養分をすべて含んだ「完全食」として食べられるよう、水への浸し方や炊き方を工夫しています。 商品へのこだわり おむすびに使用する全ての食材には、「保存料・合成着色料」を一切使用していません。
 
このページの先頭へ