契約農家情報

EM新篠津グループ

【 地域やお米のこと 】

新篠津村は石狩平野の中心に位置し、石狩川の豊かな水の恩恵を受ける地域です。村面積の半分以上は田んぼが占めており、のどかな田園風景が広がります。冬には、近年記録的大雪のため積雪200cm以上に達することもある特別豪雪地帯となっています。
春から夏にかけて季節風が吹き込み、寒暖差がはっきりしている気候は、稲の病気が発生しにくいと言われています。その分、農薬の使用回数や量を抑えられることから安全・安心なお米づくりに最適の環境といえます。

【 稲作への取組み 】

私たちが栽培する「ゆめぴりか」は、化学肥料・化学農薬を一切使用せずに、EM菌を利用した「EM自然農法」で育てています。種子消毒には温湯種子消毒を採用し、除草は機械除草するなど、手間ひまと愛情を惜しまずに大切に育てています。
北海道のお米「ゆめぴりか」は、ほど良い粘りと豊かな甘みが特徴のお米です。お客さまから「美味しい!」という一言を頂けるように、北海道の小さな村から安全・安心なお米をお届けします。

<EM新篠津グループのお米を取り扱う店舗はこちら>
大手町カンファレンスセンター店

 
このページの先頭へ